新北海道スタイルの取組み

当協会では「新北海道スタイル」の取り組みを行っております。

新型コロナウイルスの感染を防ぎ、大切な人の命を守るためにできるだけ物理的な距離(互いに手を伸ばしても届かない距離)を保つ取組みを展開しています。

窓口応対や各種講習会でも取組んでいます。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、

「 7つの習慣化 」に取り組みます!

  1. スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組みます。

 2.スタッフの健康管理を徹底します。

 3.施設内の定期的な換気を行います。

 4.設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を行います。

 5.人と人との接触機会を減らすことに取り組みます。

    ・ 一定の距離(2m程度)を確保するソーシャルディスタンシング。

   ・ 間仕切りなどの活用。

   ・ 人数制限や空席の確保。など

6.お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけます。

7.保健センター窓口や講習会場内掲示、ホームページなどを活用し、

  協会の取組をご来場者へ積極的にお知らせします。(感染症対策の可視化(見える化))

  

協会員の皆様が、施設や店舗でお使いいただける「新北海道スタイル」活動のリーフレットPDFを掲載いたしますので、プリントアウトしてご利用ください。

(※このポスターは、お店や施設等で広くご使用いただけます。

なお、営利を目的とした利用や、デザイン等の改変はご遠慮ください。)

「新北海道スタイル」_normalpictgram_PDF

やべーべやからのお願いyabeebear_poster

冬の新型コロナウイルス感染症対策winter_yabeebear