事務局からのお知らせ

***事務局からのお知らせ***

平成30年1月9日~平成30年3月19日まで

ノロウィルス食中毒注意報が発令中!!!

20182006a 20182006b 20182006c 20182006d 20182006e 20182006f 20182006g 20182006h

*収入証紙購入は食品衛生協会で*

 食品衛生協会では『北海道収入証紙』の売り捌きを行っております。
購入金額・枚数が多い場合購入前日に事務局55-6898までご連絡下さい。

・保健所での申請手数料等
・道立高校の受験料等
・パスポート申請等
・建築業許可申請等
・宅地建物等の許可申請等
・猟銃免許申請等

ノロウィルス食中毒予防強化期間のお知らせ

平成29年11月1日~平成30年1月31日
ノロウィルス食中毒予防強化期間です!
『 冬は特にご注意!!!

食中毒は夏だけではありません!
ノロウィルスによる食中毒が冬に多発しています!

★正しい手洗いでウィルスを洗い流しましょう!!
◎感染症・食中毒を防ぐために、最低限の知識を身につけておきましょう。

強い感染力でしばしば集団感染を引き起こすノロウィルス!
細菌ではより強力な新しいタイプのウィルスが確認されており、冬場の流行が危惧されています。
ノロウィルスには特効薬やワクチンがないため、日頃からの予防が大切になります。主な症状や感染ルート、予防・対策方法など、最低限の知識を正しく身につけて、ノロウィルスの感染を防ぎましょう!

ノロウィルスの特徴・基礎知識
主な症状は激しい嘔吐や下痢

感染から1~2日でこうした症状があらわれるほか、人によっては発熱、頭痛など伴います。通常は3日ほどで回復しますが、回復後もしばらくウィルスの排泄が続くため注意が必要で  す。
★周囲の人に感染しやすい
わずか100個以下のウィルスでも感染するほど強い感染力を持っているため、集団感染につながるおそれもあります。
★乳幼児や高齢者は発症・重症化しやすい
抵抗力の弱いお子さんやお年寄りは重症化することもあります。お年寄りは脱水・吐物による窒息死・誤嚥などで死にいたることも。
★発症のピークは冬場
食中毒と感染症の両面を併せ持つノロウィルスは一年中発生します。特に11月から春先に多く発生します。
★新しいタイプのノロウィルスが発生中
主な症状は既存のノロウィルスと同じですが、流行が広がる可能性があります。また、以前ノロウィルスにかかった人でも再び発症するおそれがあります。

症状が現れない不顕性感染に注意
●ウィルスに感染していても症状が現れない場合があり、その状態を『不顕性感染』(ふけんせいかんせん)といいます。
●不顕性感染でも、ノロウィルスの便中への排泄がしばらく続きます。そのため、自分が感染していることに気付かず、周囲にウィルスをうつす危険があります。
●周囲に感染者がいる場合など、感染の危険がある場合は『もしかしたら感染しているかも』と感染の可能性を意識して、しっかりとした手洗いなどを行うことが大切です。

もし感染が疑われたら
早めに医療機関を受診しましょう。
●予防のためのワクチンや特効薬はなく、治療は症状緩和の対処方法が中心となります。
●水分補給で脱水症を防ぐことが大切です。
●強い下痢止めはウィルスの排泄を妨げるため、安易な使用は禁物です。

 

 

 

『 安心フード君 』『食品営業賠償共済』

平成30年1月1日契約開始分より制度内容が変わります!
安心フード君の補償が更に充実します!

  • 不良完成品損害補償の追加
  • 旅館業は補償限度額20億円(20口)まで対応
  • トコジラミ被害による消毒費用にも対応
  • リコール補償にも対応(被害発生のおそれの段階)
  • 免責金額0円 掛金変更(飲食店・すし、食品製造業)

 

新たな特約で更なるあんしんが可能に!任意でご加入できます。

  • 旅館宿泊者賠償特約(旅館業のみ)
  • 現金盗難等補償特約
  • 障害補償特約

 

新コース「スーパー安心フード君」が誕生!

  • 安心フード君の補償 + 休業補償 + 障害補償

 

問い合わせ先 函館食品衛生協会 事務局 55-6898 まで

平成29年度 第一回食品衛生責任者実務講習会開催報告

平成29年8月9日(水)
保健所に食品衛生責任者として届けられている方が対象となるこの講習会。

(※注)集乳業、乳類販売業、食肉販売業(包装販売のみ)、魚介類販売(包装販売のみ)及び氷雪販売並びに食品の自動販売機を設置して行う営業は除きます。

午前 10:00~2時間講習  15名 受講済
午後 14:30~2時間講習  19名 受講済

受講回数・・・営業許可の有効期間が満了する期間内に1回。
毎年2回開催。

◎本日の講師
衛生法規・食品衛生学          講師  中村 文信
食品衛生に関する最新の知見等      講師  星  敦夫

29.8.9実務

 

『 食品衛生月間 食中毒予防の街頭啓発 』

函館食品衛生協会では、8月4日(金)函館丸井今井玄関前 にて食中毒予防の街頭啓発が行われました。
勢30名で丸井今井周辺にて、素敵な団扇(期限切れ もったいないが命取)の文言が入っている団扇とリーフレットを1,000名の皆さんに配布いたしました。

毎年、恒例となっております、消費者の方々に向けてのイベントですが、お天気にも恵まれ、また、消費者の方から応援のお言葉もいただきました。いつもありがとうございます。

市立函館保健所生活衛生課の職員の皆さんや函館食品衛生協会役員、各部会指導員の皆様方のご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

   29.8.4街頭啓発129.8.4街頭啓発229.8.4街頭啓発329.8.4街頭啓発4 29.8.4街頭啓発529.8.4街頭啓発6

『食品衛生月間 2017年8月1日~31日』

美味しいものを安全に!しっかり加熱!手洗い!冷蔵!

例年、厚生労働省、都道府県、保健所設置市及び特別区の主催により、8月1日から31日までの一か月間食品衛生月間と定められ、食中毒事故の防止と衛生管理の向上を図るため、食品等事業者及び消費者に対する食品衛生思想の普及・啓発等の推進を目的に、様々な活動が展開されています。

函館食品衛生協会では、来る8月4日(金)函館丸井今井玄関前 13:30~
毎年、恒例となっております消費者の方々に向けて、食中毒予防の街頭啓発を行っております。

市立函館保健所生活衛生課の職員の皆さん、函館食品衛生協会役員、指導員、総勢30名で丸井今井周辺にて、浴衣姿にもお持ちになれる素敵な団扇とリーフレットを1,000名の皆さんに配布いたしまので、ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

平成29年度 第一回 手洗いマイスター講習会報告

平成29年7月20日(木)
第一回 手洗いマイスター講習会が株式会社五島軒で開催されました。
当協会、坂本委員長(手洗いマイスター称号取得)の指導により『食中毒予防の原点は手洗い』のお話しから始まり、

  • 食品衛生は手洗いに始まり、手洗いに終わる。
  • 近年、ノロウィルス食中毒や腸管出血性大腸菌О157など、ごく少ない菌量で発症する菌による食中毒が発生しており、手洗いはますます重要に。
  • 正しい手洗いで食品に食中毒菌を付けない対策をしましょう。

など、日頃の生活習慣の中での注意事項を話されました。
時間をかけた1回の手洗いより、短時間でも2回の手洗いが有効です。
50名の皆さんがこの言葉に頷き真剣に取り組んでいました。

函館ロータリークラブの皆様、ご協力ありがとうございました。

第一回 養成講習会修了お知らせ

平成29年7月14日(金)
平成29年度 第一回 食品衛生責任者養成講習会がホテル函館ロイヤルにて開催。
今回は128名が受講されました。(定員130名)

 第二回食品衛生責任者養成講習会は平成29年10月27日(金)に開催いたします。
申込期間は平成29.年9月15日(金)~平成29年10月17日(火)です。

第一回 栄養成分表示講習会報告

平成29年7月6日(木)
平成29年度 第一回 栄養成分表示講習会が函館市総合保健センターにて開催。
今回は30名が受講されました。
平成32年4月1日よりに栄養成分表示が完全義務化になります。
カロリー表示や炭水化物などの表示が義務化となる為、表示の方法や準備をしている企業も備えていただきたいと考えての講習内容。
次回の日程は未定ですが、第二回栄養成分表示講習会は日程調整中。

 

本日締切日となります

平成29年7月14日(金) 第一回 食品衛生責任者養成講習会が開催されます。

申込み期間6月5日(月)~7月4日(火)まででしたが締切日待たずに定員130名になりましたので締め切らせていただきますのでご了承ください。

次回、第二回 食品衛生責任者養成講習会は平成29年10月27日(金)です。

申込み期間9月15日(金)~10月17日(火)です。